DockerでRPMを作る – オレオレアドベントカレンダー3日目

Dockerでrpm imageを作りたい

RPM作るの面倒ですよね。環境揃えたり。でも、Dokerなら簡単にできるのでおすすめです。

Docker環境の準備

Ubuntuでも何でも良いので、Docker入れてdocker run hello-world できるようにしときましょう。で、以下のディレクトリを作っておきます

Dockerfileの準備

以下のDockerfileを用意します。
必要なyumリポジトリがあれば、追加しておきましょう。

このDockerfileで、rpmbuild というdocker imageをビルドしましょう。

RPMを作る

SPECディレクトリにspecファイルを、SOURCESに、独自のファイルが有れば配置しましょう。specファイルのすべてのソースがネット経由で取得する設定であれば、SOURSESに何も配置する必要はありませんし、BuildRequireにあるパッケージは自動的にインストールされます。
あとは、以下のようにコマンドを打つだけです。

これで、RPMS以下にrpmファイルが、SRPM以下にsrpmファイルが作成されるはずです。標準出力にログが残るので、teeなどでファイルにとっておくことをお勧めします。

ね、簡単でしょ?

このように、RPMは簡単にできます。みなさんも自分のRPMくらいは自分で作りましょう。エンジニアなら、自分のパッケージレポジトリの1つや2つ持っているものですよね?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください