Solaris11Express でlocal repository を設定する方法(続き)

ローカルサーバでIPSリポジトリを立てられた。が、実はこれだけではパッケージを登録出来ない。pkg/readonly の初期値がtrueになっているため、書き込み出来ないのだ。ということで設定して立ち上げ直そう。


# svccfg -s application/pkg/server:default listprop pkg/readonly
pkg/readonly  boolean  true
# svccfg -s application/pkg/server:default setprop pkg/readonly = false
# svccfg -s application/pkg/server:default listprop pkg/readonly
pkg/readonly  boolean  false
# svcadm refresh  application/pkg/server:default
# svcadm restart  application/pkg/server:default

なんでここでdefaultまでちゃんと書いているのかというと、 application/pkg/server で複数のリポジトリを立てる(例えばミラーレポジトリとか、実験用リポジトリとかリリース用リポジトリとか)ときに、application/pkg/server にproperty groupを設定するため。property groupで pkg/inst_root や pkg/port を変更するだけで、複数のIPSレポジトリを立てられる。

Follow me!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *